お客様満足の最高峰を目指す【行政書士法人エベレスト静岡駅前事務所】

国際結婚には「配偶者ビザ」が必要

国際結婚には「配偶者ビザ」が必要です。

国際結婚で終わりではありません。
両国での婚姻手続き後に、入国管理局へ「配偶者ビザ」の申請をし、許可を得なければ日本で生活をすることはできません。

外国人の方でも、日本で結婚すれば自動的に日本で暮らすことができる!とお考えの方も多いかもしれません。

これはよくある誤解なのですが、実際には在留資格(ビザ)を持っていなければ日本で暮らしていくことはできません。

外国人の方が結婚した場合や、それらに関連する在留資格として下記のものがございます。

分類 内容
日本人の配偶者等 日本人と外国人が結婚した場合

日本人の実子を呼び寄せる場合

永住者の配偶者等 外国人の永住者と外国人が結婚した場合
家族滞在 外国にいる家族(配偶者・子)を日本へ連れてくる場合

 

ビザ申請の際に入国管理局へ説明・立証が必要です

外国人と日本で国際結婚した場合には、「結婚している」という事実だけではなく、配偶者等と実際に同居・扶養し、社会通念上の夫婦として共同生活を営んでいることを、入国管理局に説明・立証する必要がございます。

しかしながら、残念なことに現在の国際結婚は「偽装結婚」が非常に多いために、その説明・立証は簡単ではありません。

このような実情があるため、真正な結婚だとしても入国管理局への説明・立証が不十分で不許可になり、配偶者とは日本と海外で別々に暮らさなければならない方もいらっしゃいます。

そのならないためにも、申請取次行政書士に相談・依頼をすることをオススメします。

就労制限がございません。

日本人の配偶者等・永住者の配偶者等は、就労ビザとは異なり、就労制限がございません。
どんな仕事にも就くことが可能です。

しかし、「家族滞在」は就労が認められておりませんので、「資格外活動許可」を取得する必要がございます。

なお、家族滞在ビザの活動範囲は配偶者または子供として行う日常的な活動のみ認められています。
日常的な活動とは、教育機関において教育を受ける活動を含みますので、本国から子を日本へ連れてきて日本語学校へ通わせることもできますが、収入を伴う事業を運営したり、報酬を受ける活動をすることはできませんので注意が必要です。

配偶者ビザを取得するために必要な許可申請

在留資格を得て日本に招聘するためには、入国管理局に在留資格認定証明書交付申請を行い交付通知を受ける必要がございます。

または、現在の在留資格を変更して配偶者ビザに変更する必要がございます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 054-255-1132 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.