お客様満足の最高峰を目指す【行政書士法人エベレスト静岡駅前事務所】

在留期間更新(日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者)

ケース1 日本人の配偶者の場合

日本人Aと婚姻して「日本人の配偶者等」の在留資格を有していた外国人が、在留期限の3か月前になりました。ここで行う手続きは在留期間の更新申請となります。

 

ケース2 日本人の配偶者と離婚した後、再婚した場合

日本人Aと婚姻して「日本人の配偶者等」の在留資格を有していた外国人が、在留期間内に離婚し、さらに別の日本人Bと婚姻した場合には、「在留期間の更新」となります(「在留資格の変更手続き」ではございません)。日本人の配偶者が変わっても再婚相手が日本人である限り、日本人の配偶者という入管法別表第2の「本邦における身分または地位」を有するものとしての活動という在留資格外統制自体には変わりがないからです。ただしこの場合、再婚禁止期間にご注意ください(民法733条)。

女性は、前婚の解消または取消しの日から起算して100日を経過した後でなければ、再婚をすることができません。しかし、女性が前婚の解消又は取消しの時に懐胎していなかった場合には、離婚後100日以内であっても再婚が可能です。

 

ケース3 永住者の配偶者・定住者の配偶者と離婚した後、再婚した場合

「永住者」Aと婚姻して「永住者の配偶者等」の在留資格を有していた外国人が、在留期間内に離婚して、さらに別の「永住者」と婚姻した場合

「定住者」Aと婚姻して「定住者」の在留資格を有していた外国人が、在留期間内に離婚して、さらに別の「定住者」と婚姻した場合

上記の場合も「ケース2」と同様です。在留期間更新を行う必要がございます。これらの場合、実質的には在留資格該当性を基礎付ける事情に変動があるため、要求される立証資料等は、在留資格変更の場合に準じます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 054-255-1132 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.