【東京都】外国人の在留資格申請(日本人の配偶者ビザ・就労ビザ申請・特定技能・登録支援機関の登録申請)なら行政書士法人エベレスト東京品川事務所へ

在留期間更新(日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者)を東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所が徹底解説!

在留期間更新(日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者)を東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所が徹底解説!

こちらのページでは日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者の在留資格更新許可申請について行政書士法人エベレスト東京品川事務所が解説しております。

 

ケース1 日本人の配偶者の場合

日本人Aと婚姻して「日本人の配偶者等」の在留資格を有していた外国人が、在留期限の3か月前になりました。ここで行う手続きは在留期間の更新申請となります。

 

ケース2 日本人の配偶者と離婚した後、再婚した場合

日本人Aと婚姻して「日本人の配偶者等」の在留資格を有していた外国人が、在留期間内に離婚し、さらに別の日本人Bと婚姻した場合には、「在留期間の更新」となります(「在留資格の変更手続き」ではございません)。日本人の配偶者が変わっても再婚相手が日本人である限り、日本人の配偶者という入管法別表第2の「本邦における身分または地位」を有するものとしての活動という在留資格外統制自体には変わりがないからです。ただしこの場合、再婚禁止期間にご注意ください(民法733条)。

女性は、前婚の解消または取消しの日から起算して100日を経過した後でなければ、再婚をすることができません。しかし、女性が前婚の解消又は取消しの時に懐胎していなかった場合には、離婚後100日以内であっても再婚が可能です。

 

ケース3 永住者の配偶者・定住者の配偶者と離婚した後、再婚した場合

「永住者」Aと婚姻して「永住者の配偶者等」の在留資格を有していた外国人が、在留期間内に離婚して、さらに別の「永住者」と婚姻した場合

「定住者」Aと婚姻して「定住者」の在留資格を有していた外国人が、在留期間内に離婚して、さらに別の「定住者」と婚姻した場合

上記の場合も「ケース2」と同様です。在留期間更新を行う必要がございます。これらの場合、実質的には在留資格該当性を基礎付ける事情に変動があるため、要求される立証資料等は、在留資格変更の場合に準じます。

【運営】行政書士法人エベレスト東京品川事務所

東京都港区芝浦四丁目2番22号 東京ベイビュウ1004

03-3454-8848

まずは電話またはLINE・メールにて行政書士にお問い合わせ下さい。

友だち追加

国際結婚・日本人の配偶者ビザ申請代行サポートPRO!東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3454-8848 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

国際結婚・日本人の配偶者ビザ申請代行サポートPRO!東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.