お客様満足の最高峰を目指す【行政書士法人エベレスト静岡駅前事務所】

在留資格「技術」のポイント

目次

①日本の公私の機関について

②「契約」について

③「自然科学の分野に属する技術又は知識を要する業務」とは

④「技術」と「技能」の違いについて

⑤「企業内転勤」との関連性

①日本の公私の機関について

「日本の公私の機関」には、日本の政府関係機関、地方公共団体関係機関、公社、公団、公益法人、民間会社等のほか、日本のある外国の政府関係機関、外国の地方公共団体(地方政府を含む)関係機関、国際機関、独立した機関として活動する外国法人の支店・支社等も含まれる。

また、個人経営であっても、外国人が在留活動を行うのに十分な施設や形態、陣容整えば許可となる可能性はある。

②「契約」について

「契約」には、一般雇用のほかに、委任、委託、嘱託等も含まれますが、特定機関との継続的な契約でなければならない。なお、原則として複数の機関との契約であっても問題はない。

③「自然科学の分野に属する技術又は知識を要する業務」とは

学術上の素養を背景とする一定水準以上の業務であることを指します。そのため、自然科学のどの分野に属する技術または知識がなければできない業務でなければならない。

自然科学を専攻して大学を卒業し、自然科学の分野に属する知識や技術を必要とする販売業務や総合職的な業務に従事する場合は、一般的には「技術」の在留資格に該当する。

④「技術」と「技能」の違いについて

「技術」は一定事項について学術上の素養等の条件を含めて理論を実際に応用して処理するための能力をいいます。

「技能」は一定事項について主として個人が自己の経験の集積によって有している能力を指します。契約先の機関は、事業が適正に行われており、安定性と継続性が認められなければならない。

⑤「企業内転勤」との関連性

「企業内転勤」に該当する在留活動は「技術・人文知識・国際業務」に該当する活動とされています。

なお、転勤直前、1年以上継続して勤務をしていなかったために「企業内転勤」の在留資格に該当しない外国人(即ち「企業内転勤」の在留資格に係る基準に適合しない場合)で、技術・人文知識・国際業務」の在留資格の上陸許可基準に適合する場合は、技術・人文知識・国際業務」の在留資格をもって上陸することが可能である。

関連ページはこちら

 

静岡・浜松・沼津で外国人雇用+就労ビザ申請代行なら行政書士法人エベレスト静岡駅前事務所へ!

お気軽にお問い合わせください。 TEL 054-255-1132 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

静岡・浜松・沼津で外国人雇用+就労ビザ申請代行なら行政書士法人エベレスト静岡駅前事務所へ!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.