外国人の在留資格申請(日本人の配偶者ビザ・就労ビザ申請・特定技能・登録支援機関の登録申請)なら静岡県のA.C.C.行政書士事務所へ

申請理由書(日本人の配偶者ビザ申請)の書き方を外国人ビザ申請のプロである静岡県の行政書士が徹底解説!

申請理由書(日本人の配偶者ビザ申請)の書き方を外国人ビザ申請のプロである東京都港区の行政書士法人エベレスト東京品川事務所が徹底解説!

日本人の配偶者ビザの申請のために「申請理由書」を作ろうと思ったけど、全然筆が進まない・・・
お悩みAさん
お悩みAさん
行政書士 佐野
行政書士 佐野
申請理由書は許可・不許可の分かれ目になる重要な書類ですので、入管法の資格該当性を有しているか判断しながらキチンと作成するようにしましょう!

はじめに

外国人との国際結婚手続後には、入国管理局に対する「日本人の配偶者等」の在留資格申請(在留資格認定証明書交付申請または在留資格変更許可申請)を提出しなければなりません。日本では過去に偽造結婚がはびこっていたため、審査はとても厳しくなっております。その現状を踏まえ在留資格申請(在留資格認定証明書交付申請または在留資格変更許可申請)の申請理由書には外国人配偶者との交際のいきさつ~現在までの状況を細かく説明する必要があります。このページでは申請理由書の書き方をレクチャーして参ります。

 

1 .申請理由書は誰目線で書くの?

在留資格申請(在留資格認定証明書交付申請または在留資格変更許可申請)の申請理由書は「日本人の配偶者側」目線で記載いたします。

なぜなら、この在留資格「日本人の配偶者等」は日本人の配偶者側が外国人配偶者に在留資格を与えるものであるため、在留資格を与える側の日本人側目線で記載する必要がございます。また、入国管理局の担当者は日本人であり、日本語での詳細な説明が必要となります。。

在留資格申請の前提として、偽装結婚は認められませんので真実の結婚であることを申請理由書に詳細に記載して証明しましょう。

 

2.交際の経緯

まず申請理由書の書き出しの中で、はじめに説明すべき事項は、外国人の配偶者と「いつ?」「どこで?」「どのように?」出会ったのかを説明し、「どこで結婚手続きをしたのか?」等を説明しなければなりません。ここではブローカーの存在がないことを示しましょう。また出会い方として、出会い系サイト等でであった場合には「運営出会い系サイトの名称、登録情報、連絡記録等」を準備しましょう。

 

3.外国人配偶者の日本語能力

交際を経て結婚に至るまでには必ず必要なものがあります。それは配偶者とのコミニケーションです。

外国人配偶者が日本語を話せるのか?または日本人配偶者側が外国人配偶者の母国語を話してるのか?申請理由書キチンと説明する必要があります。

コミニケーションが取れなければ順調に交際を続ける事は不可能であると一般的には考えられるためです。

外国人配偶者側が日本語を話すことができる場合には、どのように日本語を習得したのかを詳しく申請理由書で説明し、その証明書類があれば添付すべきでしょう。

 

4.今後の結婚生活について

申請理由書には日本人配偶者側の状況も記載します。現在、日本人配偶者はどこで仕事をしているのか?給料は毎月いくらあって、預貯金はいくらあるのか?

また今後外国人配偶者と生活する拠点についても詳しく申請理由書で説明し、配偶者はどのような仕事をするのか?についても申請理由書内で説明しておくべきでしょう。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか?

外国人との国際結婚、配偶者ビザ申請には用意周到な準備が必要であり偽装結婚は絶対に認められません。

その上でお客様の結婚が真実であることを申請理由書でキチンと入国管理局に説明しましょう。

行政書士 佐野
行政書士 佐野
当事務所では日本人の配偶者ビザ申請の実績が多くございます。まずは専門家に相談することから始めてみましょう!

 

対応エリア

静岡県の行政書士|静岡県「中部」 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・焼津市・藤枝市・島田市・榛原郡吉田町・牧之原市 静岡県「東部」 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡(清水町・長泉町・小山町)、田方郡函南町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・下田市 静岡県「西部」 浜松市(中区・北区・東区・西区・南区・浜北区・天竜区)・湖西市・磐田市・袋井市・森町・掛川市・菊川市・御前崎市

静岡県「中部」

静岡市(葵区・駿河区・清水区)・焼津市・藤枝市・島田市・榛原郡吉田町・牧之原市

静岡県「東部」

富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡(清水町・長泉町・小山町)、田方郡函南町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・下田市

静岡県「西部」

浜松市(中区・北区・東区・西区・南区・浜北区・天竜区)・湖西市・磐田市・袋井市・森町・掛川市・菊川市・御前崎市

 

【執筆者】

行政書士佐野哲郎

静岡県の行政書士佐野哲郎|外国人ビザ(在留資格)申請

略歴

2009年 行政書士事務所に補助者として勤務

2012年 行政書士合格後、静岡県富士宮市で開業。数多くの外国人ビザ(在留資格)申請に携わる

2017年 名古屋出入国在留管理局静岡出張所から徒歩30秒の立地に事務所移転

2018年 行政書士法人の役員に就任後、東京都港区に事務所移転

2020年 地元富士宮市の活性化に寄与すべくA.C.C.グループにJOINT

 

お問合せ

TEL:080-3674-8848(9時〜19時)

まずは電話またはLINE・メールにて行政書士にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせ

【静岡県のA.C.C.行政書士事務所】国際結婚・日本人の配偶者ビザ申請代行サポートPRO!静岡市・富士市・富士宮市・沼津市・掛川市・浜松市に対応

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-3674-8848 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

【静岡県のA.C.C.行政書士事務所】国際結婚・日本人の配偶者ビザ申請代行サポートPRO!静岡市・富士市・富士宮市・沼津市・掛川市・浜松市に対応

PAGETOP