外国人の在留資格申請(日本人の配偶者ビザ・就労ビザ申請・特定技能・登録支援機関の登録申請)なら静岡県のA.C.C.行政書士事務所へ

【フィリピン人との国際結婚・配偶者ビザ申請手続】静岡県のA.C.C.行政書士事務所が徹底解説!

【フィリピン人との国際結婚手続】静岡県のA.C.C.行政書士事務所が徹底解説!

フィリピン人配偶者の「日本人の配偶者」ビザを取得するためには、何から手を付けていいか分からない・・・
お悩みAさん
お悩みAさん
行政書士 佐野
行政書士 佐野
こちらのページでは「フィリピン人」との国際結婚に伴う日本人の配偶者ビザ取得の流れを記載していきますので今後の参考になれば幸いです!

日本人の配偶者ビザ取得の3ステップ

行政書士 佐野
行政書士 佐野
ステップ1

日本・海外(フィリピン)の両国で婚姻が成立していること

行政書士 佐野
行政書士 佐野
ステップ2
在留資格の申請書類を作成!
行政書士 佐野
行政書士 佐野
ステップ3
出入国在留管理局へ配偶者ビザ申請!

無事、出入国在留管理局から在留資格が許可されたら日本で結婚生活が開始できます。

 

フィリピン人との国際結婚手続の方法

フィリピンの結婚できる年齢は、男女ともに18歳以上です。

フィリピンでは離婚することができません。しかしこれはフィリピン人とフィリピン人の同士のことであって、外国人(日本人)とフィリピン人同士の離婚は可能になります。

例えば、日本人男性とフィリピン人女性(日本在住)は離婚できます。この場合、日本およびフィリピンの両国において離婚が成立していることが必要です。

もし、フィリピン人がフィリピンに帰国してしまっていたとしても、日本人が日本に居住していれば日本法によって離婚できます。

 

フィリピンで先に結婚手続きをした後に日本で手続きする方法

フィリピンは査証免除国ではございません。そのため日本に入国するには手続きが煩雑です。

よって現地在住フィリピン人との結婚は、日本人がフィリピンに渡って結婚手続きを進める方がよいでしょう。

 

▼フィリピンで先に結婚するための手続きの流れ

①婚姻要件具備証明書の取得 (フィリピン)

②婚姻許可証の取得 (フィリピン)

③挙式・婚姻証明書の取得 (フィリピン)

④婚姻届の提出 (日本)

 

■婚姻要件具備証明書の取得

在フィリピン日本大使館(マニラ・セブ・ダバオ)で取得できます。

【日本人が用意する書類】

・戸籍謄本 ※離婚歴のある方は改正原戸籍、除籍謄本も必要

・パスポート

【フィリピン人が用意する書類】

・出生証明書(Birth Certificate)※NSO発行のもの

記載事項が不鮮明な場合には、パスポートや洗礼証明書が必要となることもあります。

婚姻要件具備証明書は申請の翌日に交付されます。

 

■婚姻許可証の取得

婚姻許可証は婚約者が居住する市区町村役場に申請します。その時、婚姻要件具備証明書が必要です。婚姻許可証は申請者の氏名等が10日間継続して地方民事登録官事務所に公示された後、特に問題がなければ発行されます。婚姻許可証には有効期間(120日)があります。

 

■挙式・婚姻証明書の取得

婚姻許可証の有効期間内に挙式を行います。フィリピンでは婚姻を挙行できる権限のある者(裁判官や牧師)が法律で決められています。婚姻挙行担当官と成人 2人以上の証人の面前で婚姻の宣誓を行い、婚姻当事者2名と証人が婚姻証明書に署名し、これを婚姻挙行担当官が認証することにより婚姻が成立します。その 後、15日以内に婚姻証明書がフィリピン市区町村役場に送られ、地方民事登記官により登録がされます。登録が完了すると婚姻証明書の謄本が取得できるよう になります。

 

■婚姻届の提出

フィリピンで婚姻成立後、3カ月以内に日本の市区町村役場か、フィリピンの日本大使館に婚姻届をします。ただし、日本大使館に出す方法だとかなり時間がかかるのでお勧めしません。

 

日本の市区町村役場に提出する場合に用意する書類

【日本人が用意するもの】

・婚姻届

・戸籍謄本(本籍地以外の役所に出す場合)

【フィリピン人が用意するもの】

・婚姻証明書※NSO発行のもの・日本語翻訳必要

・出生証明書※NSO発行のもの・日本語翻訳必要

 

日本で先に結婚手続きをした後にフィリピンで手続きする方法

フィリピン人の婚姻要件具備証明書を在日本フィリピン大使館で取得します。これは現在日本に正規の在留資格を持って居住している方にのみに発行しています。申請には、日本人とフィリピン人が2人そろって窓口で申請することが条件となります。

 

婚姻要件具備証明書を取得するために必要な書類

【フィリピン人】

・パスポート
・在留カードまたは外国人登録証
・出生証明書NSO発行
・証明写真3枚パスポートサイズ
・無結婚証明書(CENOMAR)

※6カ月以内に発行されたものであり、使用目的が「結婚」であること

【日本人の必要書類】

・婚姻要件具備証明書 
・パスポート 
・証明写真3枚パスポートサイズ

婚姻要件具備証明書の取得を準備しながら、市(区)役所に提出する書類も同時に用意しましょう。

 

市(区)役所に提出する書類

【フィリピン人

・婚姻要件具備証明書
・「認証済み」出生証明書 
※NSO発行のもの+フィリピン外務省の認証が必要

・「認証済み」婚姻記録不存在証明書

※NSO発行のもの+フィリピン外務省の認証が必要

 

まとめ

いかがだったでしょうか?国際結婚手続きは国外が先なのか、国内が先なのかによって手続きが大きく変わってきます。こちらの記事が皆様の参考になれれば幸いです。

 

対応エリア

静岡県の行政書士|静岡県「中部」 静岡市(葵区・駿河区・清水区)・焼津市・藤枝市・島田市・榛原郡吉田町・牧之原市 静岡県「東部」 富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡(清水町・長泉町・小山町)、田方郡函南町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・下田市 静岡県「西部」 浜松市(中区・北区・東区・西区・南区・浜北区・天竜区)・湖西市・磐田市・袋井市・森町・掛川市・菊川市・御前崎市

静岡県「中部」

静岡市(葵区・駿河区・清水区)・焼津市・藤枝市・島田市・榛原郡吉田町・牧之原市

静岡県「東部」

富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・駿東郡(清水町・長泉町・小山町)、田方郡函南町・熱海市・伊東市・伊豆市・伊豆の国市・賀茂郡・下田市

静岡県「西部」

浜松市(中区・北区・東区・西区・南区・浜北区・天竜区)・湖西市・磐田市・袋井市・森町・掛川市・菊川市・御前崎市

 

【執筆者】

A.C.C.行政書士事務所

代表行政書士 佐野哲郎

静岡県の行政書士佐野哲郎|外国人ビザ(在留資格)申請

略歴

2009年 行政書士事務所に補助者として勤務

2012年 行政書士合格後、静岡県富士宮市で開業。数多くの外国人ビザ(在留資格)申請に携わる

2017年 名古屋出入国在留管理局静岡出張所から徒歩30秒の立地に事務所移転

2018年 行政書士法人の役員に就任後、東京都港区に事務所移転

2020年 地元富士宮市の活性化に寄与すべくA.C.C.グループにJOINT

 

お問合せ

TEL:080-3674-8848(9時〜19時)

まずは電話またはLINE・メールにて行政書士にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせ

【静岡県のA.C.C.行政書士事務所】国際結婚・日本人の配偶者ビザ申請代行サポートPRO!静岡市・富士市・富士宮市・沼津市・掛川市・浜松市に対応

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-3674-8848 受付時間 9:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)

【静岡県のA.C.C.行政書士事務所】国際結婚・日本人の配偶者ビザ申請代行サポートPRO!静岡市・富士市・富士宮市・沼津市・掛川市・浜松市に対応

PAGETOP